Top Page About My Shop Catalog Buy Now Contact Us




驚きの商品

「 ブラまん 」

大同行のブラック豚まん




   

大同行のブラック豚まん (イカスミブタマン)
・国産の宮崎豚を贅沢に使い、歯ごたえの有るダイスカッティングされた豚肉とシャキシャキしたキャベツをあっさり味に仕上げ、ソフトでもちもちした特製な生地にイカスミを練りこみました。イカスミの旨みが生地に広がり、中の特製餡と凄くよく合います。当店自慢の贅沢な商品です。イカスミパワーで注文殺到中!

驚きのイカスミパワー

イカ墨はただ美味しいだけじゃない、凄いパワーが隠されています!

イカスミから抗ガン作用のある物質を見つけた!

従来、イカスミはそのほとんどを「黒い未知の物質」として、廃棄されていました。
が、1990年に青森県の佐々木甚一先生他の共同研究により「イカスミに抗腫瘍作用がある物質が含まれる」と各種学会で発表されました。

さあ、それからがたいへん!

腫瘍の研究が専門の佐々木先生の実験は、
マウスの腹腔内にがん細胞を注入し、それから2日後、4日後、6日後にイカスミから精製した「ムコ多糖ペプチド複合体」を注射し、ガンの治療を行うものです。
同じ条件でガンを植えつけて治療しなかったマウス5匹は、2〜3週間でガンが増殖しすべて死にました。
対して、イカスミの「ムコ多糖ペプチド複合体」を注射した5匹のうち4匹が生き延び、残り1匹についても約3週間の延命効果がありました。生き延びたマウスは3ヶ月過ぎてもピンピンピンでガンの再発は見られませんでした。
このことは、体内のがん細胞が死んで、ガンが治癒したことを意味しています。
この実験を3回行いましたが、毎回3〜4匹のガンが治り、治癒率は6〜8割。
さらに「ムコ多糖ペプチド複合体」を増量して同じ実験を行いましたが、当然ガンは治り、ガンへの効果は間違いないだろうとの結論に達しました。
実験によって効果は立証されましたが、何故効くのかはまだよく分かっていません。
しかし、イカスミの「ムコ多糖ペプチド複合体」が、直接がん細胞に作用しているのではないことは
わかっています。
つまり、生体に本来そなわっている防御機構に間接的に働きかけ、免疫システムにかかわる細胞を活性化し、その細胞がガン細胞を攻撃、排除するものと思われます。
マウスの実験では、ただ単に「脂を除いたイカスミそのもの」でも、免疫を増強する効果のあることがわかってきています。

※イカ墨−がん予防効果に関節炎の改善もとも言われております。

以前から言われてきたイカスミ効果として
  1. イカスミ及びイカスミから抽出したものが、黄色ブドウ球菌という食中毒を起こす菌に対して 抗菌作用がある。 防腐効果
  2. イカスミの色素であるメラニンが、胃液分泌を抑える働きがある。
    抗潰瘍薬
何故、食品として受けるか?
真っ黒い食品という意外性。
イカの風味が香ばしく美味しい。
意外性と美味しさのギャップがいいのでは。